貸切バスとレンタルバスの違いには何があるのか

貸切バスとレンタルバスの違いについてしっかりと把握していないという方も多いのではないでしょうか?
どちらにもメリットデメリットがあるので、適切な利用が出来るようにしっかり理解しておきましょう。

まずレンタルバスについてです。レンタルバスは、バスのみを貸してもらえるという形態です。
レンタルした後の運転は、借りた人が行うことになり、ガソリン代やその他諸々の費用は全て借主負担となります。

大型のバスを運転するためには、大型車用の免許が必要になるため、多くはマイクロバスのみの貸出となっています。貸切バスに比べて安く済ませることが出来るため、とにかく費用を節約したいという方はレンタルバスの使用を検討するのも良いでしょう。

一方貸切バスは、運転手さんがついてくれるという形態です。
あらかじめルートや期間などを指定し、提示された料金を支払えば、あとは運転手さんが目的地まで運んでくれます。借主サイドは一切運転する必要がないため手軽に旅行が楽しめますし、熟練のプロの運転なので安心感もあります。
費用はレンタルバスに比べて若干高くなりますが、思い切り旅行を楽しみたい、安全に旅行がしたいと考えている方には貸切バスがおすすめです。