貸切バスの利用は何人からOKなのか

国内旅行などをするときには貸切バスを利用して行うケースもありますが、こういったバスは何人いれば利用が可能なのでしょうか。
そういったルールは会社ごとに違う可能性もありますが、基本的には10人程度から利用できる小型の車両があります。

ただし小型の車両にはトランクルームがついていないことも多いので、大きな荷物がある場合は空いている座席に置くことになります。
その分乗車できる人数が減りますので、ある程度余裕をもって大きめの車両を選ぶ必要があります。

打ち合わせの時は10人以上の利用が見込めていたけれど、旅行当日に人数が減ってしまったという場合でも大丈夫です。
参加人数が何人であっても、支払う料金は変わらないので、バス会社としても特に損害もないので問題になりません。
人数が多くなれば、それだけ1人あたりが支払う料金が安くなるのでお得ですから、ある程度人数を連れて利用した方が賢明とは言えるでしょう。

ただし、予定よりも人数が増えて過ぎてしまい、予定していたバスに乗り切れないという場合には、保有台数の関係から断られてしまうケースもあります。
旅行直前になっての大幅な人数の変更は避けなければいけません。

旅行に行く人数が少ないけど利用できるのかな?と思っている人は、一度バス会社に問い合わせてみましょう。
貸切バスを利用できる会社はいくつもありますから、探してみれば自分たちの希望に沿う会社が見つかるはずです。